<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 浦和レッズ

前にも見たような・・・・・。今年最終戦。

 

ミシャのこのコメントが全てかな。

 

「私はこう思います。選手、スタッフ、クラブ、ファン・サポーター、すべての人たちに言いたいです。我々浦和レッズは今シーズン、すばらしいシーズンを送ったということを。そして、そのシーズンを勝ち取ってくれた、すべての人に感謝したいです。そして私は、みんなを誇りに思っています。決して我々の過ごしたシーズンは、下を向くような結果ではないと思いますし、我々は胸を張って、誇りを持って前を向けると思います。」

(浦和レッドダイヤモンズ公式サイト/12月4日鹿島アントラーズ戦試合後会見より抜粋)

 

浦和市内にて

浦和市内にて

 

浦和某所にて

浦和某所にて(今年のカレンダーなので、柏木も8番)

 


 

 

 

 

| category: サッカー |
# JIM−NET チョコ募金

チョコ募金

今年も鎌田實さんが代表理事を務めるJIM−NETの「チョコ募金」が始まっています。

 

以下、JIM−NETホームページよりごく一部転載です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている
冬季限定の募金キャンペーンです。
一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。
募金は以下の活動に使われます。

 ・イラクの小児がん医療支援 
 ・シリア難民・イラク国内避難民支援
 ・福島の子どもたちを放射能から守る活動
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

チョコは北海道六花亭のハート型チョコで、大変美味しい。

1セット4缶入り、2,000円+送料。

缶の絵は難民の子どもたちが描いた花の絵です。

 

詳細はこちら(JIM-NET HP内)

 

 

 

| category: 歳時記 |
# 金目鯛のロースト

金目鯛のロースト

金目鯛のローストです。(二人分)

 

金目は色がきれいで好きな魚です。

タイといっても、真鯛とは種類の違う深海の魚です。

昔はこの様な深海の魚は、売られることはなかったのですが、今や高級魚です。

 

以前は丸一匹が、まあまあの値段で買えたのですが、ここの所スーパーではまず見かけません。

ごくたまに置いてあっても、買える値段ではありません。(切り身でもなかなか手がでない)

 

先日スーパーに行くと、消費期限本日の金目鯛が半額で売られていました。

型もちょうどいい大きさ。半額なので670円。

これは買うしかないと思い、カゴへ。

その日は予定があったので、翌日の料理がこれです。

 

ハーブはセージとタイム。

ニンニク・セロリスライス・シイタケスライスと一緒にオリーブ油を回しかけオーブンへ。旨。

 

金目鯛は昔々職場の上司が釣り好きな人だったので、何度か釣りに行った事があります。

銚子の外川漁港から1時間も沖へ。

船酔いはしないたちなのですが、この時はさすがに酔いました。

釣り場は360度海。

これはほとんど漁。

でも、金目と黒ムツが素人でもそこそこ釣れて、絶品の味だったことを思い出します。

 

| category: 料理 |
# 山形・米沢

山形市郷土館(旧済生館本館)

R0013983.JPG

R0013960.JPG

 

山形県郷土館「文翔館」(山形県旧県庁舎)

R0013994.JPG

R0014001r.jpg

 

銀山温泉

R0014044.JPG

R0014036.JPG

 

米沢市市民バス(ヨネザアド号)

黄色の左回りと、青の右回りで、市内を循環しています。

R0014089r.jpg

R0014086r.jpg

R0014082.JPG

R0014079.JPG

R0014077.JPG

R0014069.JPG

 

 

| category: 旅行 |
# 本迷宮 本を巡る不思議な物語 展

カバーいろいろ

特装本

 

株式会社竹尾 見本帖本店2Fで開催されている、「本迷宮 本を巡る不思議な物語 展」を見てきました。

造本・装丁・装画、紙の本の魅力を様々な形で楽しめる企画です。

24種のカヴァーをまとうドイツ装と、8種の特装本・手製本。

展示本の購入も出来ます。

 

1階紙のショールームには、10cm角の紙見本がずらりと並んでいます。

それぞれの紙に、バリエーション豊かな色があります。

そのグラデーションを見るだけで、楽しくなります。

 

誰でも無料で入れます。

 

 

2階展示は、11月25日まで。

東京都神田錦町3-18-3 

最寄りの駅は神保町・新御茶ノ水・竹橋・淡路町

 

詳細はこちら

 

| category: 観る・見る・みる |
# 飯能祭り

5日6日は飯能のお祭りでした。

小ぶりですが結構立派な山車が、あちらこちらの町内から集まってきます。

| category: 歳時記 |
# 木工二人展2016終了

熊谷での「半沢清次・塩沢光治 木工二人展2016」終了しました。

たくさんの方にご来場いただき、熱心に見ていただけました。

ありがとうございました。

 

****************************************
木工房 風来舎
mail  furaisya@m13.alpha-net.ne.jp

http://www.maroon.dti.ne.jp/furaisya/
****************************************

| category: 木工 |
# 木工二人展2016

熊谷展示会

熊谷での「木工二人展2016」が始まりました。

今回は4日間だけの開催なので、明日10月29日・30日31日までとなります。

ギャラリー専用のスペースではないのですが、建物は木をふんだんに使ったすばらしい空間です。

是非、ご覧下さい。

 

半沢清次/塩沢光治 木工二人展2016

 

会期:2016年10月28日(金)〜10月31日(月)

   11:00~18:00 初日は12:00~ 最終日は16:00まで

 

会場:埼玉県熊谷市弥生1-58-1 「ギャラリーふくだ」

   駐車場は敷地内に有 熊谷駅より徒歩6分

 

MAP

****************************************
木工房 風来舎
mail  furaisya@m13.alpha-net.ne.jp

http://www.maroon.dti.ne.jp/furaisya/
****************************************

 

| category: 木工 |
# 木工二人展2016

木工二人展2016

 

半沢清次/塩沢光治 木工二人展2016

 

会期:2016年10月28日(金)〜10月31日(月)

   11:00~18:00 初日は12:00~ 最終日は16:00まで

 

会場:埼玉県熊谷市弥生1-58-1 「ギャラリーふくだ」

   駐車場は敷地内に有 熊谷駅より徒歩6分

 

MAP

 

この展示会の主催「Boschett」企画によって生まれた、竹工芸家「本田青海」さんとのコラボ作品も展示されます。

スタンドライト(台座:半沢制作)

 

網代編み盆(盆指物:塩沢制作)

 

なかなか実物をご覧になる機会は無いと思いますので、是非足を運んでみて下さい。

竹工芸家の本田青海さんは、新潟佐渡在住。

第60回日本伝統工芸展新人賞を始め、入賞・入選多数な気鋭の若手竹工芸家です。

 

 

****************************************
木工房 風来舎
mail  furaisya@m13.alpha-net.ne.jp

http://www.maroon.dti.ne.jp/furaisya/
****************************************

| category: 木工 |
# 「謎の巨石」その後

瀧不動

 

以前のブログに書いた「謎の巨石」その後です。

 

新たに石が運び込まれたり、敷地左に台座の様に平たい石が置かれたり、またそれがなくなったりしていましたが、大きな石の上にわざとらしく何かが乗りそうな雰囲気になっていました。

 

そして、2・3日前、トラックが横付けされ、作業する人の合間になにやら、光る物が。

 

黒・金・赤に塗られた「不動明王」です。

 

場所はそのまま。狭い敷地に不釣り合いな大きさです。

 

これはスマホで撮りましたが下の巨石を入れ忘れたので、全体のバランスがちょっと分かりません。近いうちに撮り直します。

 

 

| category: 歳時記 |
Recommend
アンソロジー 捨てる
アンソロジー 捨てる (JUGEMレビュー »)
大崎 梢,近藤 史恵,柴田 よしき,篠田 真由美,永嶋 恵美,新津 きよみ,福田 和代,松村 比呂美,光原 百合
Recommend
Recommend
ホテル・メランコリア
ホテル・メランコリア (JUGEMレビュー »)
篠田 真由美
写真:半沢清次
Profile
Archives
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links